手作りわんこ石鹸グリーングレイスフィールド
当サイトはリンクフリーです。
宜しければバナーをお持ち帰り
ください。

界面活性剤のこと

合成界面活性剤と石鹸の違いは?

化学合成して作られたもの(洗浄剤、乳化剤等)か、せっけん成分なのかの違いです。
脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムを「せっけん」と呼び、それ以外を「合成界面活性剤」と呼びます。合成界面活性剤は、ほとんどのスーパーやドラッグストアに並べられている合成シャンプーや台所洗剤として、石油等から大量に安く作られることの多い洗浄剤です。
(一般の化粧品にも乳化剤等で使用されています)
「石鹸」は、油脂(植物や動物油)を原料に苛性ソーダ(水酸化Na)や苛性カリ(水酸化K)を入れて作られます。石鹸は製法によっても使用感や品質は異なります。
合成界面活性剤を使用した「複合石鹸」も存在します。 スーパーで安く売っている石鹸では
この類が多いのですが、意味不明の表記を見ただけでは判別しづらいので注意が必要です。


合成界面活性剤と石鹸の違い
【合成界面活性剤】
石鹸と比べ洗浄力や脱脂力が高く皮膚刺激が強い⇒アトピー・乾燥・敏感・荒れ肌には不適格
皮膚バリアを形成する皮脂を取り過ぎて肌がカサカサになりがち⇒乾燥肌へ
肌に吸着し肌の水分を外に放出します(内部乾燥=インナードライ)⇒乾燥肌へ
皮膚に残留した合成界面活性剤は、皮膚バリアを壊しながら皮下浸透する⇒経皮毒の原因
※特に、石油系合成界面活性剤+化学合成添加物のシャンプー、洗剤は要警戒
分解に時間がかかったり、自然では分解が出来ないものがある(環境悪化の原因)

【石鹸】
製造工程で出来るグリセリン(保湿効果)が含まれている。
洗浄時には脂肪酸イオンが肌に吸着し保湿力を高める ⇒ 肌バリアの保護
タンパク質変性(細胞破壊)の心配はなく、安全性は高く肌・髪・頭皮にも良好
ほとんど自然分解され、そのサイクルも早い ⇒ 環境負荷が低い
人にも環境にやさしい製品である
※ここでいう石鹸の製造方法は「鹸化法」しかも添加物一切なしの無添加石鹸のことを指す。


界面活性剤じゃないシャンプーってありますか?

合成界面活性剤と石鹸について、この質問に対する答えは「否」。ないです。
コメのとぎ汁をシャンプー代わりにする等以外で、界面活性剤じゃないシャンプーは実在しません。日本において、洗浄剤の分類は【せっけん】と【合成洗剤】の2種類だけです。

例えば、シャンプーであれば「石鹸シャンプー」か「合成シャンプー(合成界面活性剤)」になります。そして、「石鹸」も合成ではありませんが界面活性剤です。
石油系合成界面活性剤を使い、化学合成添加物をたっぷり配合したような台所洗剤と同じような成分のシャンプーも、植物性合成界面活性剤使用で、化学合成添加物一切不使用のシャンプーも一様に「合成シャンプー」です。 合成界面活性剤がイヤというのであれば、もう残された道は「石鹸」しかないということになります。

合成界面活性剤は、脱脂力が強く、皮脂を根こそぎ洗い流してしますが、石鹸は合成洗剤
(合成界面活性剤)にはない、「脂肪酸による皮膚バリアの保護」を行ってくれます。